スポンサードリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長く重い一日(告別式)
朝からバタバタとお葬式の準備。
忘れ物がないように…
なぜなら、お通夜の後、2時くらいに、にっさんから電話があって、号泣しながら掛けてきたので、ずっと話してました。
寝たのは4時くらいかな。
にっさんとは車で走りながら、「わいはギター弾いてやる」「ほな、わいは明日バイクで行って一緒に火葬場まで走る」と泣きながら話してたのですが、私がお通夜でギターが弾けたから、「今ういちに電話したら、一緒にバイクで行ってくれることになったけん。うれしいよ。最後のツーリングじゃ」とまた号泣。
最後に仲間とツーリング。
私は一緒にバイクには乗れたことがないので、うらやましく思いました。

葬式って淡々と進んでいきますね。
いつも思うのですが、一通りの儀式で、惜別とほど遠い物です。
でも葬式が終わって、出棺の時、友達二人がバイクで併走する姿はうらやましく、そして感動しました。

周りからみたらたぶん馬鹿な奴らです。お通夜でギターを弾く馬鹿と、お葬式で一緒にバイクで併走する馬鹿。
でも、これが最後の一緒にできることだと思ったので…

ボボが喜んでくれたかどうかはわかりません。ギターは「うるさいな~ゆっくり眠らせろ」って言ってたかも(笑)
バイクは「はた迷惑なやっちゃ」なんて言われてたかも(笑)

最後に灰になるまではいられませんでしたが、早すぎる友達の死は本当に辛いです。悔しいです。
残ったの者はボボの分まで頑張って生きて行かなきゃ。
ういっちゃんが「この仲間で来世も集まって遊ぼうな」とボボに声を掛けていました。
ボボとういっちゃんと私とにっさん。いつも会ってるわけではないのですが、最高の仲間です。
来世では健康で生まれてくるので一緒にバイクに乗りたいな~

私たちの勝手な見送り方を許してくれた親族のみなさんありがとうございました。
二人の子供達。どんなときでも力になります。みんなお父さんみたいなものですから。
頑張ろうね。
スポンサーサイト
長く重い一日(29日)
土曜日の段階で明日はないと言われていて、日没くらいと言う事でした。
今までずっと苦しんでる姿を見るばかりで、何もしてあげられなかった…後悔の念ばかりがおっきくなっていきます。
29日、日曜の朝、友達(ういちとにっさん)と見舞いに行く準備。予定の時間になって友達が来たのですが、「もう行く必要がなくなった…」との一言が…
ショックでした。
今朝3時過ぎに永眠。

その後は、ただ漠然と友達と話して、6時からのお通夜に一緒に行こうと言う事になりました。
朝から6時まで長いです。
一度帰ったにっさんがまた来て車で走ろうという事になり、目的もなく走ってました。
5時過ぎに集まって、友達の家まで。

一通りの儀式が終わって、ゆっくりと会ってあげてと言われて友達のそばへ。
穏やかに寝ていました。ずっと苦しんでた姿を見ていたので、ほっとしました。「ゆっくりと寝てよ」
そう言うことしかできなかった。
7時くらいからみんなで思い出話や馬鹿話をして、私はボボと一緒に練習していたギターを弾いてやろうと思ってました。奥さんもいいですとのことだったので、ギターを弾かせてもらいました。
本当は友達のギターを弾きたかったのですが、手入れができてなくて弦がさび付いていたので、自分のギターで。
思い出の曲を2曲。知らない間にギャラリーが増えていてびっくりしましたが、昔に戻って弾きました。

今は子供が、ボボのギターを引き継いでるみたいです。その子のために新しく弦を張り替えて、ギターも掃除して、チューニングもしました。中学一年の女の子です。ずっと弾いてくれるかな?

私の勝手な送り方でしたが、許してくれたご家族の皆さんありがとうございました。
長く重い一日(序章)
随分と前…ほんと随分前に友達が手術したのを書いた気がします。
あれ?書いてないかな

要約
春3月、友達(いつもボボと呼んでます)に肝臓癌が見つかり、3月の末に手術をしました。
早期発見だったので、手術で摘出後は大丈夫なはずでした。
確かに2ヶ月間は陰もなく病魔は潜んでいました。
定期的に受診もしていたし、心配ないと思っていたのです。
が、6月に肝臓癌が再発…しかも急激に巨大化していたのです。
医者も信じられないと…。
摘出はできないとの判断から抗癌剤での治療。
これも失敗…後は余命2ヶ月と…
この時点でボボの嫁さんからは聞いていたのですが、信じられない事の方がおっきくて、ずいぶんとみんなで集まって話しました。
できるだけ見舞いに行こうと仲間との約束して、頻繁に見舞いに行っていました。2回目の入院中は週に一度くらいだったかな…

6月の二度目の入院から今月退院。
お盆は家族と過ごしていました。

しかし、やはり病魔は容赦なくて(泣)
盆明けに体調が悪化してその日に入院。
これが最後の入院となってしまいました。
できるだけ早く顔を見に来てやってとの嫁さんから…
いつ昏睡状態になるかわからないと聞かされました。
友達と水曜日の夕方、仕事終わりに見舞いに行って
でも全然元気で一安心したものです。
確かに車いすに乗っていたし、途中で横になりたいと部屋には帰ったのですが、元気そうで安心したってみんなで帰りました。それからは、時間を見つけては見舞いに行きました。週末も超して安心した矢先。月曜日からは体調が思わしくなくて…どんどんと弱っていくというか、じっとしていられないほど苦しがって…
話もあまりできない状態になっていきました。

火曜日は仕事で行けなくて、水曜からは毎日見舞いに行ってました。
後で聞いたのですが、入院後体調が良かったのは、きつい薬で緩和していたみたいです。
少しでも話ができる状態を作ってあげたかったらしく。
おかげでいっぱい話ができたのですが、薬が切れた後は、見ているのもつらいくらい苦しんでいました。

木曜日には、会話を交わすのがやっと…
午後からモルヒネ投与と言っていたので、急遽仲間を集めて午後、見舞いへ行ってきました。私はこの日二回目でしたが、嫁さんの話では朝見舞ったときの私を覚えていないと聞かされてショックを受けました。

少しの面会でしたが帰り際に「また来るわな!」「元気なときにきてよ!」と会話。
後に嫁さんの話では、これが最後の会話になったとのこと。
この後に昏睡状態にどんどん陥っていったらしく、会話できなくなったらしい。
その後も毎日顔を見に行く日々が続きました。日増しに昏睡状態が続き。ついに土曜日「今日には…」と宣告されてしまいました。
朝見舞いに行って昼から姪っ子のライブ、夜には子供とのギター練習。
その間も心配で携帯を何度も見ていました。
日曜日(今日)朝にまた見舞いに行こうと…

(続く)
姪っ子歌うpart2
28日土曜日に姪っ子のライブがありました。
一緒に対バンしてくれたHi fusionのお二人、お疲れ様でした。
場所は前回と同じ、川内町の音楽喫茶ミキ。
Hi fusionのお二人は前回のライブの後から路上デビューしたらしく、ずいぶんとうまくなっていました。
姪っ子もライブに向けてずいぶん練習していたらしく、前よりも落ち着いて歌っていました。

また、次もがんばれ!!
会場に足を運んでくれた谷内さん、澤さんありがとうございました。
次も時間があったら是非(^_^)
姪っ子歌う
いよいよ28日に姪っ子が2回目のライブ。

日時:8月28日土曜日2時

場所:音楽喫茶ミキ(川内町)

出演:[生真面目][Hi,Fusion]

です。

もしよかったら聴きに来てください。
1ドリンク制です。ご容赦ください(^^ゞ
新しい弟子
21日土曜日はギター練習日。
なんと、今日からギターを教える子供が増えました。
とは言っても私が教えられるのはアコギだけなのですが(^^ゞ

去年の11月頃から始まったこの練習会。中1の男の子が3人。
ギターとベースとドラムを練習しています。
今は中2になりました。半年以上が経ちずいぶんとうまくなりました。

そして今回から新しく高1の女の子3人が加わりました。
構成も同じくギターにベースそしてドラムです。

どういう経緯かというと、前のバンドのメンバー(今も親友)の娘さんとその友達。
娘さんは幼稚園の頃から見てます。
小学校の6年間はずっと運動会も見に行ってました。
その子が今や高校一年。しかもバンドをしたい!!
これは手伝わなきゃね(^^)
で、練習会に誘ってみました。一度遊びにおいでって(^^)

その子のお父さんもめちゃめちゃギターがうまい。
私よりはずっとちゃんと教えてくれると思うけど、でも親子間で教えると感情が入りすぎてお互いに良くないのかもしれないね。
目標を持っているので頑張っていますよ。7時から10時までお迎えが来るまで熱心に勉強してました。

ギターはドレミのポジションから始まってコードの押さえ方など初歩から教えます。
フレットの意味やコードの和音などについても教えています。
理論なんてどうでもいいところなのですが、知っていて損はないかな
自己流なので正解かどうかは…疑問(笑)

私が始めた頃は周りに教えてくれる人もなく、ギター譜をみながら独学。
音楽の授業ちゃんと勉強していたら、と何度となく思ったものです。

ドラムは友達の息子が教えてくれています。消防士さんなので勤務よっては来れないときもあるのですが、それでも来られるときは熱心に教えてくれてます。

ベースだけが先生がいなくて…前にやっていたバンドのベースの子に頼んではみてるのですが、なかなか仕事が終わってからって難しいとのこと…
何とかしてあげたいのですが

男の子達が、今の女の子達に教えてくれたらって思ってます。
教える方も再度勉強になるし、いい刺激になってお互いがうまくなってくれると思うので、ただ今は恥ずかしがってますね。そのうちそのうち(笑)

今の子供達が、いつか徳島でバンドマンとして活躍してくれる日が楽しみです。
メジャーデビューしたらどうしよう(笑)マネージャーにしてくれるかな(笑)
第2回血友病懇話会
8月21日(土)14:00からの懇話会に行ってきました。

とは言っても、友達の見舞いをかねて朝からいってたのですが。
11時過ぎには徳大病院へ。友達と一緒に見舞いに行きました。
点滴につながれてましたが、結構元気そう!!なんだかんだと12時過ぎまでしゃべってました。
一度病院を出てラーメンを食べに(笑)駐車代が(笑)
で、14:00に合わせて西病棟の11階、「日亜メディカルホール」へ。
2回目の懇話会。今回は暇だというので友達も参加(笑)
血友病懇話会
「血友病患者のリハビリテーション」と題して、広島大学病院リハビリテーション科准教授 木村 浩彰先生の講演がありました。
今回も出席していた方達は、ご両親やおばあちゃんが多くて、患者さんとしては2人くらいだったかな。
そうそう、隣で友達は寝てました。それも一番前の席で(>_<)困ったものです(笑)

講演の後は装具を紹介して下さって、その場でいろいろ質問に答えてくれました。
2時間弱の懇話会でしたが有意義な懇話会になったんじゃないかな。今は血液製剤があるから関節症自体も予防していける状況になってきてるし、今の子供達はきっと普通に生活していけるはずです。今後ももっと治療が進めば、もっといい時代になるだろうし(^^)希望を持って子育てして下さいと願います。

懇話会が終わってもう一度友達の病室へ。
昼からは体調が悪かったのかな、しんどそうに横になってました。
それでもとりとめのない話をして、帰りました。
1日病院にいましたね~結構疲れました(笑)


懇話会に尽力して下さった徳島大学小児科の渡辺先生、医薬品会社の方々ありがとうございました。
また来年も第3回の懇話会があれば出席しようと思います。


明日は
徳島大学病院日亜メディカホールで、血友病の懇話会があります。
時間は14:00~15:00の予定。
第二回目の懇話会に出席してきます。
今友達が徳大に入院しているので、お見舞いもかねて早めに行く予定。
懇話会を開いてくれること自体に感謝です。
前回は告知も少なかったので、少人数でした。
さて今回はどうかな~

夕方からは、子供たちにギターを教えに行ってきます。
お盆もあったので3週間ぶりのギター教室。
さてさて、みんなちゃんと練習してるのかな~不安(笑)
週末三日間
お疲れ様です~
いやいやハードな三日間が終わりました。
まとめて三日間の出来事を書いてみます(^^)v

金曜は予定通り8日の交流プラザフェスタの最終の準備に交流プラザへ行ってました。
そこで9時半から5時過ぎまでパソコン片手にがんばりました。
PCは前回イベント用に買ったmacbookpro。
役立ってます。結構珍しいみたいでみんなが見に来てくれました。
確かにノートにペンタブでイラストを描いてるのって珍しいですよね(笑)

土曜日は、脇町の小星園でのPC講座。
いつものように7時に起きて、犬の散歩。朝ご飯食べたらすぐに出発。
片道1時間は遠いです(笑)
でも、こんな私でも待ってくれてる生徒さんがいるからがんばれるのです(えっへん)
いつものように2時間しゃべりまくってきました。

12時に終わって少し職員さんとお茶して、それから友達の家へ。
時間つぶさせてもらいました。その日がちょうど前に利用していた施設「眉山園」の納涼祭だったので。
5時半からスタート。それまで時間をつぶさせてもらいました。
で、5時前に眉山園へ
まだまだ暑かったのですが、風がある分まだ過ごしやすかった。

そこでボランティアで参加していた中学校の先生が、なんと私が中学生の時に教えてもらった先生だったのですよ。びっくりでした。
で、いろいろと昔話に花を咲かせて(笑)
その先生には、特別な思い出があるのです。実は、私の母が先生の子供を預かっていたので、よく子供とも遊んでたのです。まだ赤ちゃんだったのでよくあやしたりしてました。
その子も今は先生になっていると聞き、またまたびっくりしました。

そうこうしていると、今の教え子たちがボランティアに参加。一緒に風船つりの準備をして結構楽しかったですよ。子供くらいの生徒さんたち。「おっさん」と呼ばれてしまいました(笑)
でもちゃんと一生懸命に仕事している中学生さんをみると、まだまだこの国も捨てたものじゃないなと実感。
もっとこの子たちのためにもいい国にしなければと思いましたよ。何もできないけど…う~んなんとかしなきゃね。
そうそう、その中の一人の子に携帯ストラップをもらいました。
なぜだろう??仲良くなったからかな?ありがとう(^_-)

毎年参加している納涼祭。デイサービスの友達にもいっぱい会いました。
くみちゃんやてっちゃん、りゅうくんたち。みんな元気そうでした。(めっさ内輪の話ですが)
でもいつもの顔に会えるのはうれしいものです。
土曜はさすがにハードでした。帰ったらばたんきゅ~~でした(^^ゞ

日曜は、またまた7時に起きてっと思っていたのに、8時に起きちゃいました(^^ゞ
それから犬の散歩。朝ご飯。で、9時過ぎには交流プラザへ。
すでに準備はほとんど終わっていて開始を待つだけになっていました。
何か手伝うつもりだったのですが、何もすることがなくて(^^ゞ
「ぷらざかふぇ」のメインイベントのこども店長。これが結構良かったのです。
お手伝いレッド

人数と時間に制限があって、流れ作業のごとく、やらされてる感は否めなかったのですが、簡単な手話や作業を小学生低学年の子供や、幼稚園くらいの子供が一生懸命やってくれてる姿は、何ともいえずよかったな~
中には恥ずかしがる子供もいたのですが、手話でさいごにありがとうってしてくれてる子供をみたら、感動ですよ。
結局親のエゴの部分もあるのだけれど、啓発の意味では大成功だったんじゃないかな。
少しずつでもボランティアの精神が小さい子供たちの中に芽生えてくれたら、今回がんばった意味はあると思います。
準備は本当に大変だったけど、結果は大成功だとおもいます。県身連のみなさんお疲れ様でした。
結局朝一から3時過ぎまでなんだかんだといちゃいました。
友達の子供がこども店長に参加していたので、それも見たかったし

この三日間、ハードな日々でしたが、充実してました。
ふと考えると私はイベントに参加するのがすきなのか?(笑)

実は人が好きなのかもしれない。

でも、さすがに当日にブログを書く余裕もなかったし、今日はまるまるへばってしまってたし…歳じゃね
交流プラザフェスタ
8月8日、この日曜日に第5回交流プラザフェスタが、徳島県立障害者交流プラザで開催されます。
わたしも、「ぷらざかふぇ」のパンフレットやポスターなどをお手伝いしました。
なので、当日もお手伝いに行きます。
子供達が対象のこのイベント!夏休みの地域のイベントとして定着してほしいものです。

障害者に対する接し方など、子供達に啓発するのを趣旨に作成したパンフレット。
是非見に来て下さいね。
明日は最終の準備に交流プラザに朝一から出かけます。
前日は、PC講座と眉山園の納涼祭。その後いつもの子供のギターのお手伝い。
この週末はどうやらハードです。
暑さに負けないように頑張らなければ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。